脂肪冷却施術前&施術後の注意点

脂肪冷却の施術前にはさまざまな注意点があります。エステサロンや美容外科によっても異なりますが、よく言われているものをまとめてみました。

脂肪冷却施術前&施術後の注意点

  • 2日前からの岩盤浴やラジオ波など、身体をあたためる行為は注意(湯船や運動はOK)
  • 脂肪冷却2時間前までにご飯を済ませておくこと
  • 脂肪冷却後2時間は食事を控えること
  • 生理中はお腹の施術はできません
  • 施術する箇所に赤みや内出血ができる可能性があります

2日前からの岩盤浴やラジオ波など、身体をあたためる行為は注意(湯船や運動はOK)

身体をあたためるような施術は、施術方法によっては脂肪冷却がしにくくなる原因となります。
できれば脂肪冷却の施術が終わったあとに行いましょう。

脂肪冷却2時間前までにご飯を済ませ、施術後2時間は食事を控えること

脂肪冷却を行うと、脂肪やカロリーを吸収しやすい身体になってしまいます。
施術の2時間前までにはご飯を済ませておき、施術後も2時間はご飯を我慢しておきましょう。

生理中はお腹の施術はできません

こちらはサロンによって異なりますし、生理中でも施術をしてくれるところもあります。ですが、生理中に身体を冷やすこと自体タブーです。
予約を取るときはご自分の生理周期と相談してくださいね。

施術する箇所に赤みや内出血ができる可能性が

人によっては、施術箇所が赤くなったり内出血ができることがあります。
通常、数十分〜数時間で消えますが、数日残ってしまう人もいるようなので、露出の多い服で行くのはやめておきましょう。

脂肪冷却の施術ができない方

  • 生理中の方(※お腹の施術の場合)
  • 同意書のない未成年の方
  • 体脂肪率10%以下の方
  • 内臓脂肪の減少が目的の方
  • 皮膚が極端に硬い/たるんでいる方
  • 寒冷じんましんが出る方
  • 抹消環境が正常に接続しない部位がある方
  • レイノー病の方
  • 重度の心臓疾患/ペースメーカー使用の方
  • 重度の高血圧の方
  • 過度に日焼けをした直後/極端に色素の薄い方
  • 糖尿病や肝炎など、慢性の内臓疾患がある方
  • 施術時に汗をかかれている場合
  • 身体の末端が極端に冷えている方

未成年は同意書を用意して

未成年の方は、親権者の同意が必要となります。どういうふうに書けばいいかはサロンによって異なるので、一度電話やメールで確認しましょう。

体脂肪率10%の方

脂肪冷却は脂肪をなくすための施術です。体脂肪率が極端に低い方は施術できません。

内臓脂肪の減少が目的の方

内臓脂肪は脂肪冷却で落とせません。
減らしたい部分をつまんでみて、厚みがあってつまみにくい…と思ったなら、それは内臓脂肪である可能性が高いと言えます。内臓脂肪は運動や脂肪吸引で落としましょう。

寒冷じんましんが出る方

極端に冷たいところにいたり、皮膚を冷やしたりすると皮膚がボコボコしたり痒みが出る、いわゆる「寒冷じんましん」が出る方は施術できません。

その他持病がある方

上記で挙げたような持病がある方は施術ができません。
それ以外でも何か心配なことがあれば、カウンセリングや予約の時点で相談するようにしましょう。

おススメの脂肪冷却サロンはこちら

わたしがオススメする脂肪冷却サロンは「ル・ソニア」です!

ル・ソニア

ル・ソニアは強引な勧誘もないし、施術が丁寧で親切だったので、エステ自体初めて!って方にもオススメです。

初回特別価格も用意されてるので、チェックしてみてください!

この記事を書いた人

みんなの脂肪冷却ナビ編集部

脂肪冷却についての基礎知識や小ネタをお届け!

この記事を読んだ人はこんなダイエット方法もオススメです

ル・ソニアのボディコース


初回限定!たったの4,320円で体験できちゃいますよ!脂肪冷却コースが不安って方は、こちらの痩身エステコースを検討してみてください!

関連記事

  1. セルライトは脂肪冷却の大敵!ボコボコを解消するには代謝アップに努めるべし

  2. 脂肪冷却の機器はどんなものがある?有名なマシンを4種ご紹介!オススメは?

  3. 脂肪冷却は自宅でもできるけど…?マシンの価格やリスクを調べてみた

  4. 1回じゃ痩せられない?脂肪冷却のベスト頻度(回数)・期間について

  5. 脂肪冷却1回あたりの値段は?エステと病院ではどう違う?金額を調べてみた

  6. 脂肪冷却とは?効果は?どれくらい痩せる?料金は?など、基礎知識をおさらい!